クリオフィールドは軽井沢(浅間)高原の北軽井沢に位置し、関東地方でありながら


北軽井沢は夏には高原野菜の直売所が国道の軒を連ねるなど、高冷地 独特の
雰囲気を持ち、日本ロマンチック街道や鬼押しハイウェイなど、視界の開けた快適な
ドライビングを味わうことができます。
そんな恵まれた環境の中、1万坪の敷地に広がるクリオフィールドは、

四季を問わず小鳥たちのさえずりがたえない


クリオフィールドはこのような環境の中、キャンプをもっとシンプルに考え、自分なりのスタイルで
楽しんでいただくことをコンセプトとした


過ごしていただければと考えております。





そしてそれが当たり前の毎日を送っている。

水を汲む → キッチンの蛇口をひねる
お湯を沸かす → 電気ポットに水を入れる
米をたく → 電気ジャーをスタートする
暗い → 電気照明をつける
寒い熱い → エアコンを入れる
つまらない → テレビを見る
眠い → ベッドで寝る

ほんの一例ですがこんなことはいとも簡単に実現できる。

または日々の忙しさの中でそんなこと考えたこともないとか・・・。
「五感」という言葉があるけれども、もう死語同然で視・聴・嗅・味・触覚を働かせて生活する必要はないし、

テクノロジーが進歩してきた。



と思うから。

一度手に入れた便利を手放すことは難しい。
それなら休日ぐらい



水は限りなく使えるものじゃない
火をおこすのにえらく時間がかかる
飯ごうの米のたき方は?
テントを立てなければ(ねぐらの確保)
暗くなってきたランタンに火を!
雨が降ってきたタープの位置を変えよう
風が出てきた火を消してテントの中へ入ろう
テントの中で寝付けるかな

普段当たり前にしていることが、こんなに一仕事に。


そのことをキャンプを通じて、実感できるのではないかと思っています。



みなさんが気持ち良くキャンプ生活を送れるよう、
クリオフィールドでは3つの 心掛けていること
があります。
それは清潔・安全・安眠です。



「キャンプをする上でトイレと炊事場がきれいだったらうれしい。
キャンパーの本音だと思います。
クリオフィールドでは毎日昼に1日1回徹底清掃を行っています。
徹底清掃のほかに朝・夕・夜に1日3回サニタリー施設の点検・清掃も行っています。
きれいな状態を保つためにトイレは土足禁止でスリッパ履きに、炊事場にはビニール袋を設置
してご自分の生ゴミを入れてサイトに持ち帰るシステムにしております。
ただ何度清掃しても、直後にたった一人の人が汚してしまったらそこはきれいな場所ではない
のです。
一番の清掃はみんなが他に使う人のことを考えて使用することだと思っております。

 



クリオフィールドの1万坪のサイトは自然な景観を活かしながらも、全体的にほぼ平坦な地形で 構成されています。
場内に崖や谷はなく、小さなお子様でも安全に過ごすことができます。
万が一、ケガや病気の場合、車で15分程の救急病院(西吾妻福祉病院)もあります。





クリオフィールドでは
PM9:00に閉門し、車の出入りができなくなり、炊事場が消灯
となります。
PM10:00に消灯・就寝時間(クワイエットアワー)となります。
夜間は2回巡回を行っており、周りに迷惑がかかると判断した場合、注意します。
ですが大切なのは、
一人ひとりが周りに少しの配慮をすることで、みんなが気持ちよく
静かな夜を過ごせることなのではと思っております。